学資保険イメージ

息子の専門学校進学のときに役立った学資保険

息子が専門学校に進学することを考えたとき、ちょうど旦那の会社の景気が悪くなった時だったのです。
生活をするのには困らなかったのですが、これまでと同様にたくさん、ボーナスが出るといったいい待遇を受けることができなくなっていたのです。
なので、以前ほど、金銭的な余裕がなくなっていたのです。
私もできるだけ家計簿をつけたり、安いスーパーで買い物をしたりと工夫をしていたのです。
ただ、息子が専門学校に進学するとなってくると、パティシエの専門学校なのでそれなりの学費がかかることは予想されることだったのです。
もちろん、旦那にも相談していたのですが、旦那にはきっぱりと言われてしまったのです。
専門学校など進学をさせるほどの余裕があるかわからないので、とりあえず、就職を考えてみて欲しいということだったのです。
しかし、進学といっても厳しいと高校の先生にも言われたりしていたこともあり、就職は難しい結果になったのです。
息子も就職を希望してはいたのですが、通信制高校だったこともあって、余計に就職に不利な状況になっていたのです。
だからこそ進学を考えていたのですが、学費のことが気がかりだったのです。
息子が高校3年生になったときに、学資保険が満期http://www.yesnotattoo.jp/m/index.htmlになることを思い出したのです。
満期になっておりてくれば、100万円はおりてくるはずだったのです。
専門学校は2年制なので、これで1年目の学費は支払うことができると分かったわけです。
旦那にもそのことを告げてみたところ、学費をどうにかすることができるならば、専門学校進学も考えてみてもいいと認めてもらうことができたのです。
専門学校には学費を免除してくれる制度もあるとその専門学校のオープンキャンパスに行ったときに説明されたのですが、学業が優秀な生徒に対して免除してくれると説明されたのです。
また、1年間学んでみて、優秀だった場合には2年目以降の学費を免除してもらうこともできると言われたのです。
すると、息子は頑張ってみると言ってくれたのです。
勉強についてはできるほうではあったのですが、1年間頑張って、2年目以降は特待生になることができるように努力すると約束してくれたのです。
学資保険があったからこそ、息子も進学を諦めずに済ませることができたのです。
息子が小さい頃に加入したのですが、加入しておいて今になって学資保険を役に立たせることができたのです。
息子も学習意欲が強いこともあり、期待することができたのです。

Copyright(C) 2012 子供のほけん.com All Rights Reserved.