学資保険イメージ

いいタイミングで満期になった学資保険

子供が1才になるとき、検討していたのが学資保険だったのです。
旦那にも子供のために入ることを提案されていたのですが、私は毎月、支払いも大変なので乗り気ではなかったわけです。
それでも子供ももっと大きくなってくれば、お金がかかることは考えられることだったのです。
真面目な話、子供のために加入するのがいいかもと子供が18才のときに満期になる学資保険に入ったのです。
当時はそのことにあまり積極的ではなかったのですが、これは子供が18才になったときに入っていて良かったと実感できたのです。
まず、高校生になって子供が大学に行きたいと言い出したのです。
本人は奨学金も借りることができるし、アルバイトもするので行かせて欲しいと懇願してきたのです。
私は賛成してしまったのですが、この後、困ってしまったことがあったのです。
子供は大学を受験して無事、合格することができたのですが、期間内に入学金と1年次の前期の学費の支払いをしなくてはいけなくなってしまったのです。
そのことで困ったのですが、まず、期間内にそんなとまとまったお金を用意することができなくなってしまったのです。
入学金はわかっていたのですが、それに1年次の前期の学費まで納入すると知らなかったのです。
子供から言われて知ったのですが、期間内に納入することができなければ、せっかく合格できたのに取り消しになってしまうのです。
子供が合格もできて、大学に入学できるところなのにお金が払えなくて、取り消しになってしまうのはさすがにかわいそうなことだったのです。
一応、お金を用意するつもりもあったのですが、無理なら大学に少し待って欲しいと電話するしかないとまで考えてしまったのです。
そしたら、学資保険のことが頭に浮かんだのです。
ちょうど、満期になっておりてきてくれたのです。
それがいいタイミングでおりてきてくれたこともあって、入学金と前期の学費は納入することもできたのですが、期限までに間に合わせることができたわけです。
もし払うことができていなかった場合、子供をがっかりさせてしまうところだったのです。
子供が1才の頃、支払いが大変でも保険に入っておいたことが正しかったのですが、子供の学費のための貯蓄など何もできていなかったのです。
貯金をするのはそう簡単なことでもなかったのですが、保険料http://www.papyribooks.net/shi.htmlも実際はそんなに高くなかったのです。
子供の学費のこともすごくかかることになったので、ピンチも乗り切れたのです。

Copyright(C) 2012 子供のほけん.com All Rights Reserved.