学資保険イメージ

学資保険に加入し娘の私立大学の入学金に役に立った

我が家は今年大学入学の娘がおり、県外の私立なので相当なお金が要りました。
今では推薦入試やAO入試など入試制度の多様化で、早いケースでは高校3年生の秋に受験費用や入学金が必要になります。
学資金を必要な時期に受け取ることができる、満期年齢を選択する必要があります。
例えば、1月に加入した場合17歳満期タイプでは17歳(高校2年生)の1月に、18歳満期タイプでは18歳(高校3年生)の1月に満期保険金を受け取れます。
私は大学入試を重視して、17歳満期を選びました。
お蔭で300万円が入り全て大学費用に活用できました。
契約者配当も多少ついており、貯金よりも高い利率で積み立てられていました。
元本は必ず帰ってくるので、元本割れの保険には加入せずに良かったと思いました。
基本契約および災害特約の契約者配当金は、当社の決算に基づき、契約ごとに割り当て、契約の消滅時などに支払われます。
なお、契約者配当金は、経済情勢などにより変動(増減)し、それらの状況によっては割り当てられないこともあります。
学資保険は子供の成長に応じ、教育資金を確保するための貯蓄型保険商品です。
加入しておくことで必ず為になる保険です。
返戻率が高い商品は受け取る額を増やしたり、保険料を割安に設定することができ、売れ筋となっています。
子供が産まれた時に直ぐに加入したので掛け金も安くて済みました。
妊娠中にも加入できることを知り、もっと早く加入しても良かったかな、と思いました。
 学資保険の払込期間は子供が生まれてから大学進学までに相当する18年間がもっとも多いですが、15年、10年という商品もあり、保障が同じであれば、加入期間が短いほうが返戻率が高くなる傾向があります。
大学4年間に必要な学資を500万〜600万円とし、その一部、最大で5割程度を学資保険で賄う形がベターです。
我が家もその方向で加入し、大学入学金などは全て保険で補うことができ助かりました。
子供の教育資金は、いざという時に大きなお金が要ります。
子供が産まれた時点でこのような学資保険に加入することで先々大変役に立ちます。
借金をしないで無事に入学金が払えたので親子共々喜んでいます。
前納性なので、1年分の学費は支払ったので安心しました。
我が家は子供が一人ですが、二人三人と子供がいる家庭では相当な額の教育費がかかる事だと思います。
貯蓄性の高い学資保険はとても役に立ち、将来子供の教育費として活用できます。

Copyright(C) 2012 子供のほけん.com All Rights Reserved.