学資保険イメージ

学資保険を続けて良かった事

先日18年続けてきた学資保険の満期を無事に迎えました。
18年の間に何度か学資保険を続けることが困難な時期もありましたが、子供の学費にためにこれだけは何としても死守したいという気持ちで続けてきました。
今回無事に満期を迎えて本当にそのありがたさを感じました。
大学受験に失敗して浪人も覚悟をしたのですが、1番最後の合格発表で合格を頂いた大学に合格を頂き、入学金の支払いや入学準備に急なお金が必要になり、浪人覚悟だったため、お金の準備もできていなかった為、学資保険がなければ入学金の支払いにも困ったはずです。
無理をしても続けておいて良かったと思った瞬間でした。
実は我が家はこの学資保険には1年前にもお世話になった経緯があります。
1年前に子供が部活中に怪我をして1か月の入院を余儀なくされました。
怪我という急なアクシデントに入院費などもかさみ本当に困り果てていましたが、保険の入院特約をつけていたおかげで入院費の支払いをしていただけたのでとても助かりました。
保険をかけた際は入院特約も深く考えずに契約したようですが、いざという時に役立つ経験をしたものだから保険のありがたさを実感できました。
できれば子供にはお金の事で愚痴を言いたくありませんが、実際に不景気な世の中で子育てや教育費のお金がかかる親世代としては頭が痛い部分があります。
部活中の怪我も実際に辛いのは子供本人だったはずですから、入院費などで精神的な気遣いをさせたくはありませんでしたから、保険のおかげで入院費の負担が軽減されたのは親の精神的な辛さも和らげてくれました。
今回の大学受験の際も受験の失敗で親子共々精神的にかなりのダメージを受けていたのですが、まとまった金額を手にすることができたおかげで色んな事に前向きに考えることが可能になりました。
子供の進路を将来を決める大切な事ですから、お金がなくて希望の進学をあきらめさせるのだけは決してあってはならないと思います。
大学進学にあたってまとまった金額が必要なのは頭でわかっていましたが、なかなか計画的にお金を蓄えることも難しいといえます。
保険という形で無理やりお金を用意することで大切な大学受験を無事におえることができます。
お金の用意以外でも入院特約などを付けることで急な怪我や病気に対応できることは保険のありがたみです。
学資保険http://www.uef-eba.org/yokugaderu.htmlを続けていたからこそ、色んなアクシデントを乗り越えることができたのだと実感しています。

Copyright(C) 2012 子供のほけん.com All Rights Reserved.