学資保険イメージ

二人の教育資金に役に立った学資保険

私には二人の子供がおり、それぞれに今では成人していますが、高校、大学入学時に満期が入る学資保険に二人共加入していました。
子供の教育費などに掛かるお金を補助することを目的とし、契約した保険料をきちんと支払うことによって、教育資金が必要になると予め設定した時期に給付金としてまとまったお金を受け取ることができる保険です。
主に祝い金や満期金として、契約時に決めた子供の年齢に合わせて給付金を受け取れるものです。
私は高校入学の15歳と、大学入学の18歳の満期に設定しており、二人とも私立の高校へ入学したので、大変助かりました。
入学金ばかりで50万円、その他制服や日用品、教科書や参考書代合わせて50万円、合計100万円かかりました。
当時加入していた学資保険で全てが賄えました。
貯金するとなるとなかなかできない部分があり、こうやって保険に加入することで二人とも無事高校へ不備なく行くことができました。
また3年後の大学入学時には二人とも車の免許、専門学校の入学費など大出費でしたが、保険から150万来たのでほんの少し足す程度で無事入学できました。
二人の教育費は半端なく要りましたが、学資保険のお蔭でとても助かりました。
また生命保険と同様、子供や親に万が一のことがあった場合には、死亡保険金や病気やケガの治療に掛かる給付金が下りるものもあり、契約者が万が一亡くなった場合には、それ以降の保険料が免除されるシステムになっています。
更に育英年金と言って保険契約者が亡くなってしまった日から保険期間満了まで被保険者に給付金が支払われる商品もあります。
学資保険は教育費のための積み立てだけではなく、契約者や被保険者の万が一のことを保障する内容の商品も多く、子供が病気やケガをしたときには一定の給付金が下りるという特長に視点を置いて選ぶ利用者もたくさんいます。
学資保険には非常に数多くの種類があります。
私はまず自分でネットで調べて満期金が2回あるタイプを選びました。
また満期金が、それぞれ自分で設定できる金額の機能が付いているので大変良かったと思っています。
私は貯金が苦手で、保険だと毎月の支払だと思いながら長く続けられます。
満期金は150万円づつ2回入ってきたので、一人300万円で二人で600万円入ったことになります。
子供が生まれてすぐに加入したので掛け金も少なくて済みました。
必ず必要となる子供の教育費に大変役に立ちました。

Copyright(C) 2012 子供のほけん.com All Rights Reserved.